待望のドロップ

ミランダスの世界は危険にあふれています。この地に潜む強力な魔力の副作用として、アバターを狙う恐ろしい野生の獣が徘徊しています。どんなに熟練した冒険者になっても、旅は常に死と隣り合わせです。

幸いなことに、ミランダスでは必ずしも死が終わりを意味するとは限りません。適切なスキルとコスト、それが正しい神聖な場所で組み合わされれば、定期的に復活することができます。

「墓地」は死者の安息の地であるとともに、復活を可能にする貴重な場所のひとつであることが、マイケル・マッカーシーのAMAで明らかになりました。生と死の入り口の所有権を持ち、復活のコントロールを可能にする、ミランダスの墓地(建物)は全3種類、数量限定販売中です。

  • 墓地(小):(10 x 10)
  • 供給量:大
  • 復活(リスポーン)までの間隔:最長
  • 墓地(中):(10 x 20)
  • 供給量:中
  • 復活(リスポーン)までの間隔:適度
  • 墓地(大):(20 x 20)
  • 供給量:小
  • 復活(リスポーン)までの間隔:最短

死の力を統率し、制御することで得られる価値、その可能性とパワーを考えてみてください。昔の王たちはこれにひれ伏し、裕福な男爵はあなたの墓地を一時的に借りるために大金を払うかもしれません。ファンタジーの世界、ミランダスに飛び込んだなら、死を忘れて墓地の可能性を試してみませんか?

ミランダスの世界において、死者の復活方法はいくつかありますが、最もシンプルでアクセスしやすいのは墓地を経由する方法で、墓地の所有者がこの力の門番人となります。他の復活方法には、簡単には取り戻せないような、まだ未公開の貴重な何かが必要になるかもしれません。

死はゲームの中では行き止まりではなく、障害物のようなものです。何があろうと、ミランダスのすべての冒険者はこれを避ける方法を探さなければなりません。

覚悟はあるか?

ミランダス墓地の所有者になり、煉獄の使い人、死後の世界の管理者として、永遠の謎の主になる覚悟はありますか?

まだ決められない?周りはすでに覚悟を決めてしているかもしれません。迷っている時間はありません。

お急ぎください!すべての墓地は段階価格設定になっています。最初の10%だけが最低価格にて販売。その後は段階ごとに25%ずつ価格が上昇します。

出典:Gala Games Medium: Mirandus Team
原文:This is a Drop to Die For